奈良県医師会内科部会学術講演会に参加しましたー帯状疱疹診療の新展開

奈良県 葛城市 山本医院です。😊💕🌈

奈良県医師会内科部会学術講演会に参加しました。

帯状疱疹についての勉強会でした。

帯状疱疹とは 体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状に現れる病気です。

身体の中に潜んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。水ぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

耳鼻科領域では顔面神経に潜伏感染した水痘・帯状疱疹ウイルスが、再活性化し顔面神経麻痺を起こします。

顔面神経麻痺とは顔面半側の表情筋の運動障害、つまり顔がこわばる、目が閉じない、口が閉まらないなどの症状が起こります。

加えて周囲の脳神経にも波及し、耳介の発赤・水泡形成や耳痛、難聴、めまいなどを合併する特徴があります。まれに下位脳神経炎や脳炎をきたし、重症化します。

速やかな内服や点滴治療が必要となります。

水痘にかかったことのある成人での発症を予防するには、ワクチンが有効であると考えられています。

気になる方は、是非ご相談下さい。

関連記事

  1. 高齢者心疾患に対する漢方セミナーに参加しました

  2. 鼻アレルギー講演会in北和 2020

  3. 大阪漢方セミナーに参加しました

  4. 勤労感謝の日のお手紙

  5. KiHAC アレルギー研究会 ー 奈良 葛城市 耳鼻咽…

  6. 日本耳鼻咽喉科学会総会 学術講演会 に 参加しました