奈良県耳鼻咽喉科医学会学術講演会に出席しました

奈良県 葛城市 山本医院です。😊💕🌈

奈良県耳鼻咽喉科医学会学術講演会に出席しました。

医療倫理、臨床研究の講習と 鼻副鼻腔炎についてのお話でした。

一般に ちくのうと言われる 副鼻腔炎。

風邪🤧がきっかけに発症することが多いです。

風邪の症状🤧は大体治ったのに、鼻がおもい、鼻がでる、つまる、ノドにおちてくる、

咳が続く、痰が絡む、顔が痛い、重い、頭が痛い、重い などの

症状があれば、副鼻腔炎を起こしている可能性があります。

耳鼻科では 鼻、ノドの診察をして、レントゲンを撮ります。

お子さんの場合、中耳炎も起こしている場合が多いので 耳の診察もします。

粘い鼻水が多い場合には、きれいにお鼻を吸い取ります。

ネブライザーで お鼻やお口の中に 抗生物質などを吸入してもらいます。

最後に 抗生物質や消炎剤などの処方箋をお渡しします。

お薬が終わる頃に 再度診察に来てもらいますが、

お鼻の吸引や ネブライザーは毎日続けて行うのがお勧めです。

気になる症状がある方は、是非診察を受けて下さい。

関連記事

  1. 漢方セミナーに参加しました

  2. 新年会 2019

  3. 奈良県耳鼻咽喉科講習会に参加しましたー嚥下障害と胃食道逆流症…

  4. 山本医院ー勤労感謝の日のお食事会

  5. 新型コロナウイルス感染拡大に伴う当院の対応について

  6. スタッフ 募集のお知らせ