KiHAC 研究会に参加しました

奈良県葛城市 山本医院です。😊🌈💕

kiHAC 研究会に参加しました。

アレルギー性の咳についての講演会でした。

風邪は治ったはずなのに、咳が続いているという患者さんが増えています。

こういう状態が数週間続いたら、それは咳喘息かもしれません。

咳喘息とはゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴や呼吸困難を伴わず、慢性の咳が続く気管および気管支の病気です。

胸部レントゲンでは異常が見つかりません。

特に夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。

喉にイガイガ感があったり、長話をした時にのどが渇いたり枯れたりもします。

咳の発作が激しい場合には、胸が痛かったり、嘔吐、失神したりすることもあります。

その要因としてハウスダスト、カビ、ペットの毛、花粉、気温の変化、喫煙、受動喫煙、飲酒、ストレスなどがあります。

特にアレルギー体質の人に多く、また女性に多い傾向があります。再発を繰り返すこともあります。

風邪薬、抗生物質、咳止めを服用してもほとんど効果がありません。

治療には、気管支拡張薬や吸入、経口のステロイド薬を使って治療します。

自然に症状が治まることもありますが、約30%が、喘息に移行すると言われています。

喘息への移行を予防するためにも、早い段階から薬を使っての治療が必要になります。

気になる症状があれば、お気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 中耳臨床研究会 奈良県 葛城市 美容医療 も行う 山本医院…

  2. 山本医院ー新年会 2020 今年もスタッフ自ら 美白、美肌…

  3. AMR カンファレンスに参加しました

  4. Stay Home and Stay Positive 〜…

  5. 勤労感謝の日ースタッフとのお食事会

  6. みみ はな のど 治療研究会に参加 補聴器フィッティン…